旧「いもむしうんちは雨の音」置き場

ブロガリサービス終了にともない、「いもむしうんちは雨の音」をこちらに保存しました。

垣根付きの繭

元旦早々に飼育ケースの蛾が羽化した。

f:id:insectmoth:20170102154159j:plain

スカシコケガ Nudaria ranruna

幼虫は昨年の暮れ、金網の枠に止まっていた。

f:id:insectmoth:20170102154220j:plain

スカシコケガ Nudaria ranruna の終齢幼虫。2015.XII.20
体長は13mm前後だったと思う。薄緑色のきれいな幼虫。

採集時点では、毛虫、背腺がない、腹脚の鉤爪が異規的縦帯であることから、
ヒトリガ科の何かだろう、までは予想した。

f:id:insectmoth:20170102154244j:plain

ちょっと写りが悪いけれど、スカシコケガ Nudaria ranruna の終齢幼虫の腹脚。
縦に鉤爪が並ぶのだけれど、中程の爪と端の爪の大きさが極端に違う。

何を食べるのか分からないので、周辺にあったササ、アラカシ、ヤブニッケイ、地衣類を少量ずつフィルムケースに入れて様子見。
結果、何も食べずに4日後に蛹化した。

f:id:insectmoth:20170102154313j:plain

スカシコケガ Nudaria ranruna の蛹。約6mm。

後で図鑑を確認すると、食樹はアラカシ、ミミズバイヒサカキ、サカキの生葉、と書いてあった。
コケガ亜科はコケや地衣類を食べるものとばかり思っていたけど、例外的にこんな種類がいるようだ。

オモシロいのは幼虫時の毛を繭に利用すること。

f:id:insectmoth:20170102154337j:plain

柵を立てるように周囲に並べている。

幼虫時の毛を繭に利用するのは、同じコケガ亜科のアカスジシロコケガにも見られる習性である。

ケースの底に落ちていた脱皮殻。

f:id:insectmoth:20170102154348j:plain

繭の糸が非常に粗いので蛹化したときに落ちてしまうようだ。

大晦日に見ると発生が進んでいた。

f:id:insectmoth:20170102154401j:plain

口髭蓄えた細長いおじさんの顔、みたいな?

で、冒頭の元旦に戻る。

ところで、スカシコケガによく似たウスバフタホシコケガ Schistophleps bipuncta は食草不明だそうだが、本種も生葉喰いなのだろうか?

ではまた。