旧「いもむしうんちは雨の音」置き場

ブロガリサービス終了にともない、「いもむしうんちは雨の音」をこちらに保存しました。

写真で見る昆虫用語2・・・蛾の幼虫

全体、シラオビキリガ

f:id:insectmoth:20180104201747j:plain

頭部、ヨトウガ

f:id:insectmoth:20180104201935j:plain

頭部、アメリカシロヒトリ

f:id:insectmoth:20180104202022j:plain

腹脚いろいろ、ヨトウガ

f:id:insectmoth:20180104202149j:plain

大型蛾類ではおおむねこんな感じ。

例外はヒトリガ科、アメリカシロヒトリ

f:id:insectmoth:20180104202337j:plain

小蛾類の腹脚、ツゲノメイガ

f:id:insectmoth:20180104202657j:plain

ヤマモモキバガ

f:id:insectmoth:20180104202755j:plain

小さい幼虫を見つけた時は、腹脚を見ると大蛾類の弱齢か小蛾類かどうかが判ります。

 

ドクガ科幼虫に特異な器官、背腺

f:id:insectmoth:20180104203200j:plain

f:id:insectmoth:20180104203217j:plain

f:id:insectmoth:20180104203236j:plain

f:id:insectmoth:20180104203252j:plain

背腺の数は種により少ない場合があります。

写真で見る昆虫用語1・・・蛾の翅

ヤガ科の翅脈、各部名称

f:id:insectmoth:20180104200951j:plain

ヤガ科の翅の模様、各部名称

f:id:insectmoth:20180104201158j:plain

カブラヤガです。

ブログ引っ越します。

zaqのブログサービスが来年の1月で終了するということで、
このブログも20万アクセス突破して切りがいいし、

GoogleBloggerに引っ越してみることにしました。

いもむしうんちは雨の音 新URL↓

https://imomushiunti.blogspot.com

しばらく迷走するかもしれませんがとりあえず、

こちらのブログもアーカイブ化してどこかに保存もしたいし。。。
けど仕事に追われてるし、、、

ではでは

真夏の厚着、ハチ擬態。。

日曜日のお散歩ちう、一休みしていると、もふもふの毛皮に包まれた蛾が飛んできて、目の前のヤブカラシでホバリングしながら吸蜜を始めた。

f:id:insectmoth:20170101170232j:plain

オオモモブトスカシバ Melittia sangaica

特に後脚のもふ度が高い。
全体として丸っこく見える。
マルハナバチ辺りに擬態してるのだろうか。
それともオオハキリバチ辺りか?

ということでモモブトスカシバの仲間であることは確か。
で、胸が黄色く後脚が長すぎないから、シタキモモブトスカシバか
オオモモブトスカシバのどちらか。

上の画像の数秒後、

f:id:insectmoth:20170101170150j:plain

ヤブカラシの蜜が減っているのが判る。

上記2種の区別点は図鑑によると、
シタキはオオと比べてより小型で前翅横脈紋は大きい、
かつ内方中央部から中室透明紋に突出する線状紋が非常に短い、
後翅内縁基部付近の縁毛がシタキでは黄色い。
中脚腿節の毛はシタキでは黒色、オオでは明るい茶色。
とある。

ホバリングの写真しか撮れなかったので、脚に注目。

f:id:insectmoth:20170101170310j:plain


中脚腿節は黒色でなく黄色っぽく見える。
ということでオオモモブトスカシバとした。

顔に一番ピントの合った画像。

f:id:insectmoth:20170101170329j:plain

単眼が見える。

しかし、ストロボ使わずに自然光でこんなに止まって写るということは、
虫のホバリング能力がすばらしい性能である、ということでしょうな。

ではまた

神戸のタイワンオドリハマキモドキ

お散歩コースに生えた腰くらいの高さのイヌビワ。

先日(7/10)、薄皮残した食痕があったので

f:id:insectmoth:20170101170752j:plain

裏返してみるとチッコイいもむしが隠れていた。

葉の裏に薄く糸を張り、表皮を残して裏側だけを器用に食べている。

f:id:insectmoth:20170101170917j:plain

主脈の脇に1カ所穴が空いている(矢印)。

あとで紹介する報文には、外敵に襲われた時に葉の反対側へ避難するための脱出口だそうだ。

脱出口付近。f:id:insectmoth:20170101170821j:plain

穴の上には薄く糸が張ってあり外敵は容易に付いてこれないようになっている。


ここでハマキモドキの仲間かも?と思うが、近所のイヌビワ喰いのハマキモドキはイヌビワハマキモドキくらいなんだけれど、本種は糸で綴った新芽を食べる習性があり、今回の食べ方とは違う。

でネットを検索すると「沖縄産蛾類幼虫の図説と食草」にある、
タイワンオドリハマキモドキが該当するように思えた。
が、図鑑の記録は屋久島以南とあり、分布が合わない。。。

さらに検索すると、「蛾類通信No.267」で村瀬ますみ氏による「和歌山市のタイワンオドリハマキモドキ」という報文があり、2010年に和歌山で記録された記事が見つかった。その報文には大阪と京都でも幼虫を確認したとあった。

じゃー神戸でもいる可能性はあるねってことで、
羽化を待つ。

繭。

f:id:insectmoth:20170101170957j:plain

フィルムケース型容器の蓋の凹みを利用して紡錘形の繭を作った。

で、今週になって羽化したのがこれ。

f:id:insectmoth:20170101171037j:plain

タイワンオドリハマキモドキ Brenthia formosensis
後翅が変な向きで羽化失敗のように見えるがワザとこんな向きにしている。

正面から

f:id:insectmoth:20170101171054j:plain

タイワンオドリハマキモドキ Brenthia formosensis

こんな体制で葉っぱを上をダンスするようにクルクル走り回っている。
だから「踊り」「葉巻」「もどき」(ハマキガに似た踊る蛾)

翅を拡げた状態。

f:id:insectmoth:20170101171111j:plain

タイワンオドリハマキモドキ Brenthia formosensis
図鑑には前翅外縁に黒紋が7個ある、とある。
外見で区別し難い種にコミヤマミズハマキモドキがいるが、
こちらの食草はイラクサ科のコミヤマミズ。
交尾器が明確に違うそうだ。

近所で見かける似た種にはアラカシなどにつくオドリハマキモドキがいるがこちらはこんなの。

f:id:insectmoth:20170101171139j:plain

オドリハマキモドキ Litobrenthia japonica 2004年8年29日
外縁の黒色紋の数が違う。こちらは3個。

標本は1個体しか持ってなかった。
よく見掛けるのだがハマキモドキガ科は胸の筋肉が強いのか判らないが、
私がやると展翅をよく失敗することが多い。。


ではまた